HOME>Column>健康を害する不眠症は早めに改善することが重要!

健康を害する不眠症は早めに改善することが重要!

睡眠

体質改善も一つの方法

夜になると目がさえてしまうことが続く場合には、寝室の環境と生活習慣を見直すことが必要になりますが、体質的な要素も関係しているかもしれませんので合わせて見直す必要があります。アレルギー疾患や皮膚疾患があると、一度気になり始めれば一晩中眠ることができずに不眠症になってしまいます。毎晩、症状がおさまらなければ精神的な疾患にかかるリスクが高まりますから、食べ物で腸内環境を整えると共に薬でかゆみや炎症をおさえる必要があります。また、毎日の生活パターンを見直してスマホなどを過度に使用することを控えたり、ストレッチをしたりしてストレスを軽減することも効果的です。家庭環境を穏やかなものにすれば、会社や学校でのストレスを軽くすることも可能ですし、自分に合わない趣味や仲間とは距離を置くことも不眠症には必要です。

睡眠

どうしても解消できないときは病院で相談

夜に眠れないことが長期的に続く場合には、病院による治療も視野に入れる必要がでてきますが、心療内科でのカウンセリングを受ければ不眠の原因が分かることもあります。一般のドラッグストアでも不眠症の薬が販売されていますから、眠れないことは本人のせいではないことも病院では理解されています。些細な環境の変化であっても眠れないことがありますので、不安を取り除いて安眠できるように努めることは意味があります。もしも、日常生活に支障がでるほどのひどい症状が見受けられれば、通院とともに継続的な薬の服用が必要になります。早い段階で不眠症を改善することができれば、ひどい精神疾患になることを避けられますので、心配な症状がある時には心療内科を受診するとよいでしょう。